ザもしくはジ

沖縄の話とかメンヘラの話とか全然関係ない話とか

6分間の旅

僕にとってのコンビニとは、時として、冷蔵庫であり、レストランであり、ケーキ屋であり、本屋であり、おかし屋であり、トイレであったりする。

1日何度も家とコンビニを往復する事が僕の唯一の外出で、3分間往復6分間の旅になり、その6分間に出会う人々が僕が社会と関わる全てであり、ほんの少しの刺激をもらう。

家に帰る。彼女はテレビを観ていて、僕はイヤホンをして仕事をする。何分間あるいは何時間かしてテレビを消した彼女が隣に来て何か喋ってよって言う。

コンビニの旅しかしていない僕は返答に困る。

そこで架空の話をしたり嘘をついたりしてからかいゲラゲラ笑う。それが僕の生活で ISISがテロを行おうとも、集団的自衛権の法案が衆議院を通過しようとも、僕は今日3回目のコンビニに旅をして何事もなかった様に、また架空の話をして嘘をついてゲラゲラ笑う。

昔の歌に「そんな事より今日の雨。問題は傘がない」ってあったけど、まさにその通りで、遠い国の争いや重大な法案より今日のコンビニに行った時お気に入りのクリームプリンが無かった事が最大の問題で、妥協のプリンを買って帰りの3分間の旅にでる。

そこでは戦争は起こってなくて僕の旅は終わる。

僕はほんの少しだけ平和を祈る。このまま無事にコンビニに通える、ほんの些細な日常が続くように。

 

できればコンビニの店員さんには僕に対して「いらっしゃいませ」ではなく「お帰りなさい」って言ってほしい。そして「行ってらっしゃい」っと見送って欲しい。