ザもしくはジ

沖縄の話とかメンヘラの話とか全然関係ない話とか

大阪から友達がやって来たDAY1

1月2日僕達は那覇空港に居た。

それは何故か?大阪から友達がやってくるからお迎えに行ったのだ。その友達と僕が会うのは5年振りで、いや〜お互い大人になりましたなぁ的な会話をするべく僕は社会情勢を調べる為2ちゃんねるを見ながら待っていた。

飛行機は無事飛びそして定刻より少し早く無事に沖縄に着き友達からSMSが「着いたで」と入る。「知ってんで」と送り待っていると「やあやあ」とやってきた。

「ほないこか」と二言目に言い出すのでやっぱり大阪人はせっかちだなぁと思いながらタクシー乗り場へ向かったんだけど歩くのが速い。沖縄にすっかり馴染んでる僕等は着いていくのが大変で、でもここは沖縄なので僕が主導権を握らなければと思いこっちですよ的に物知り顔でタクシー乗り場へ案内する。するとそこに止まっているタクシーは運転手が乗っていないタクシーばっかりで、これは客が運転する画期的なタクシーかと思ったけどそれはもうすでにレンタカーじゃないかと思いその場所はタクシー乗り場じゃない事に気が付く。すると遠くの方にタクシー乗り場って書いてある場所があってそれを友達が発見する。「あっちやって」「えっ」「いこか」「うん」結局アウェーの友達に先導されながらタクシー乗り場へと向かう。そして小禄のイオンの5階にあるという嘘の様な本当の話的な幻のレンタカー屋パラダイスレンタカーへと向かった。5階って駐車場じゃなかと思いながらエレベーターで5階に着くとすまなさそうに端っこにちょこんとレンタカー屋が存在した。書類の記入が終わり車のチェックへ。「細かい傷はどうでもいいんで」とパラダイスなチェックで車を借り2泊3日の旅は始まった

友達はこれで3回目の沖縄で美ら海水族館もおきなわワールドも名護パイナップルパークも一緒に行った事があってしかも冬の沖縄でどこに行こうかと考えた結果一番初めに向かった先は「中本鮮魚てんぷら店」そう友達はまだ沖縄天ぷらを食べた事が無かったので沖縄で一番美味しいとの食べログ情報に踊らされた僕が選んだそのお店に向かう事になった。

ナビにお店の名前を入力するとでてきました中本鮮魚てんぷら店。さすが有名店と思いながら出発すると、この優秀なナビ子ちゃ〜んが真面目すぎるのか優秀すぎるのかは不明だけどすごく口うるさいの。すぐに「速度超過を感知しました」「急ハンドルを感知しました」とか注意してくるの。こう書くと僕がすごく運転マナーが悪いみたいに思われそうなんだけどそんなことあるからね。

車内で5年間の出来事を話して盛り上がったりもせずまるで先週会ったかの様な盛り上がり方をする。これが友達だよねと僕は思いながらケラケラ笑う。そして目的地に到着した時ナビ子ちゃ〜んが今回の運転の総括をしてくれありがたいお言葉をくれる「もっとエコな運転を心がけましょう」「はい・・・」

気を取り直してお店を見てみると行列ができていてびっくり。さすが有名店だなぁと思い列に並ぶ。各自好きなものを買い車へと戻り食べる「どない?」と聞くと「結構お腹にたまるなぁ」と言うので、4個買って360円で満腹になれるってコスパすごいなぁと話していたら僕の頼んだ天ぷらが「いか」「ウインナー」「かにかま」「ぐるくん」だったので、あまりに子供っぽすぎると言われて「やさい」や「アーサー」がそんなに大人なのかと、じゃあ僕は永遠に子供でいいと泣きじゃくりながら次の目的地へ向かおうと発進すると速攻で「速度超過を感知しました」だって。

次の目的は初詣。ネットで検索した結果今度はるるぶに踊らされ首里観音堂というお寺を目指す事にした。

首里」「由緒ある」これらの言葉に僕は友達の思う沖縄らしい初詣が出来ると予感し決めたんだけど、着いてみてびっくり超小さいの。「うわぁ」「これ?」「ごめん」

あっという間にお参りも終わり楽しみのおみくじタイムでおみくじの定価は100円だと思っていて残りの小銭は全部お賽銭に投げちゃったんだけどまさかの200円でこれまたびっくり。僕以外の2人は大吉で僕だけ小吉でまたまたびっくりで涙目。

日も暮れて来たのでちょっと早いけど飲みに行こうかとなり沖縄と言えば泡盛でしょという事で那覇で一番種類があるとグーグル先生が教えてくれたお店へ。

すると友達が開口一番「ビール」

えええええええええ泡盛じゃないのおおおおおおお。一生懸命調べたのにいいい。

「はじめはビールやん」

その言葉通り次からは泡盛を飲み続け彼女も泡盛を飲み続け僕はカルピスサワーを飲み続け天ぷらで一杯になったお腹に無理矢理沖縄料理を突っ込み続けながら夜は更けていった

次の日へ続く