読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザもしくはジ

沖縄の話とかメンヘラの話とか全然関係ない話とか

さたでーないと

背後から突然「ヒーハー」と聞こえてきたのでブラマヨの小杉のマネしてるなと思い「どうかしてるぜっ」と吉田で返したらリアクションが無いのでなんだなんだと思い振り返ったら彼女が右手を上にあげブンブンして左手を腰にあててまた「ヒーハー」と叫んでいたので、ん?と思いよく聞いてみるとそれは「フィーバー」と言っていて「どしたん?」と恐る恐る尋ねてみると「サタデーナイト☆フィーバー」と反芻するのでカレンダーをみると今日は土曜日だった。

イタリアの電車のダイヤ位乱れた僕達の生活に平日も土曜も朝も夜も関係ないだろうと思ったんだけど、あまりにフィーバーしてたので何かするって聞いたらアッハッハッハッハッスィンアラスティンアラ♪と歌いだしたので、意味がわかんないのでとりあえず踊りと歌をやめなさいと注意し、もう一度何がしたいのかと聞くと「D・V・D!D・V・D!」と言うので僕はドキッとする。何で彼女があのエロ本の台詞を知っているのか、2ちゃんねるなんか見ていないはずなのに。でも僕は動揺を隠し、冷静さを何とか取り戻し、映画が観たいんだと思い「TSUTAYAさん行く?」って言ったらドゥユリメンバ~♪とまた歌いクイクイしだしたので正解だなと思いほっとする。それから仕方無いので出掛ける事になった。セプテンバ~♪まだ8月だよって突っ込みも無視され「わたしも昔はマハラジャブイブイいわせたもんよ」といきなり語りだしたので、マハラジャだって?何でいきなりサンスクリット語なんだと思い、マハラージャと付き合った過去でもあるのか、とんでもない過去を持っているなと思い、「やっぱマハラージャはあそこもマハラージャなん?」と動揺しながら聞くと「ふぁっ!?」と言うので「いや、過去の男の事は気にしーひんから」とかあたふたしながら言っているとどうやら違うらしく、マハラジャはディスコという事が判明し「じゃあブイブイって何?」って聞くと、はてな?って顔してくるので埒があかないと思いそれ以上は聞かなかった。

TSUTAYAさんに着いて2人はバラバラに探す事になり、僕は彼女はとりあえずサタデーナイトフィーバーは借りるだろうなーと思いながら店をウロウロしてたら彼女がDVDを持ってきたので見てみるとトランスフォーマーと書いてあり、さらにリベンジまであり、えっ?って思ったんだけどまぁいいやと思ってたら次はCDを持ってきて今度こそディスコだろうと思っていたらボサノバいやボサノヴァで、おいおいと思ってボサノヴァの気分なのか聞いてみると「せやねん」とニッコリ笑顔で答えてきたので、サタデーナイト☆フィーバーが行方不明になっているなと思ったんだけど、いつもの事なので気にせずに「黒いオルフェって映画知ってる?」って聞いたら、ふへぇ?って顔されたのでボサノヴァ好きなら見ておいた方がいいよってオススメして、結局何がフィーバーでマハラジャなのかわからないままCD5枚とDVD5枚借りて帰った。

帰り道、結局フィーバーしてなくて普段通りじゃないかと思ったんだけど月が明るくて「ブルームーンやね」「せやね」とか話ながら歩いて帰っているとどうでもよくなって影が長く長く伸びる。「月が綺麗ですね」「何でいきなり敬語やねん」ふはは。彼女はそういう人だ。